ウォーレンストーリー初心者が読むべき情報

WAREN STORY(ウォーレンストーリー)はKANGGAMESが提供している韓国産の戦闘型MMORPGオンラインゲームです。韓国では2011年からサービスを開始しているため、海外ではそこそこ長く続いているタイトルでもあります。”征服・戦略型”とうたっているため戦争重視のゲームなので、アクション系が好きな人なら一度はプレイしてみる価値ありという感じだ。

ファンタジーと機械文明を融合させたような世界観で、今までにない”征服・戦略型”と釘を打たれている。ギルド戦やPvPなどの対人戦コンテンツをメインに作られており、他には馬・魔兵器などの乗り物・傭兵・妖精などのペットなど、従来のMMORPGの要素もしっかり完備されています。

多人数のプレーヤーが参加してモンスターを倒していく「殲滅戦」や、大規模な対人戦である「正規戦」「攻城戦」といった戦闘製の高い様々な戦闘要素が魅力的です。といいつつ世界観は馴染みのMMORPGらしいファンタジー要素もあるので、MMO大好きな人からしたら入り込みやすく、新作オンラインゲームはとりあえずかじってみたいという人にも向いているところがあります。

WAREN STORYのクラス

・ウォリアー(戦士)

両手剣(大剣)を振り回しながら派手に戦う接近戦が得意。高レベルになれば強力な一撃で敵を一気に倒すことも可能。強い破壊力を持っています。

・ブロウラー(闘士)

ガントレットを使用した拳系の超接近戦等に特化されたクラス。格闘タイプなので攻撃速度が高く、早い攻撃で敵を一気に無力化できます。

・アーチャー(射手)

弓を武器に遠距離攻撃戦に特化されたクラスです。高レベルになると矢の威力や命中率があがります。初心者にはやりやすいクラスです。

・ガンナー(技術者)

ライフル銃を使い遠距離攻撃に特化されたクラスです。高レベルになれば遠距離から敵に狙いを定め、敵にバレる前に倒すことも可能。また、パーティーメンバーのみにバフをかけるスキルもある。

・リーパー(暗黒騎士)

鎌を武器に戦う接近戦に特化されたクラスです。多くの技術を学ぶことによって他のクラスを圧倒するほどの強力な戦闘力を身につけることができます。暗黒騎士とも言われています。見た目が一番かっこいい。

・センチネル(監視者)

二丁拳銃をを武器に使用した攻撃で味方を援護するクラス。ライフルよりも攻撃速度が高く、高レベルになれば命中率や速度はますため飛び道具でササッと敵を倒したい人におすすめ。

また、このゲームには戦闘をサポートしてくれる「傭兵」システムがあります。傭兵には雇用形とモンスター型の2種類があります。雇用型は街にいるNPC(傭兵隊長)にお金を支払うことで雇用できます。モンスター型はモンスターを倒すことで一定確率でドロップする雇用アイテム(封印石)を使用することで、戦闘時に呼び出すことができます。また、雇用形とモンスター型(ボス型のみ)は成長させたり死亡時に復活させる事が可能です。雇用形はプレーヤーと同じ「戦士」「闘士」「射手」「技術者」「暗黒騎士」「監視者」が存在します。

さらに、ソロPTを組むと経験値が150%増になるので、同じMAPで狩りをしている人とソロPTを組むのがおすすめです。ギルドは恩恵が大きいので、できれば大手ギルドに所属するのがいいです。大手ギルドであれば自分とレベル帯の近い人が多いと考えられるので後々クエストが進めやすくなります。

ウォーレンストーリーの動作環境

必要動作環境

CPU:Intel Pentium4 3.2G/AMD Athlon64 3200+
メモリ:2GB以上
グラフィックボード:GeForce 7600GT / Radeon X1600XT 以上
HDD空き容量:8GB以上
OS:Windows XP, Vista, Windows 7

推奨スペック

CPU:Intel Core2Duo E6750 2.66G/AMD Athlon64 X2 6000+
メモリ:2GB以上
グラフィックボード:GeForce 8800GT / Radeon HD 3870 以上
HDD空き容量:空き領域10GB以上
OS:Windows XP, Vista, Windows 7

ミドルスペックでもプレイは可能だが、エフェクトが派手でグラフィックも綺麗なため、人口が増えてきたらこのスペックギリギリの人はプレイが厳しく感じるかもしれません。とりあえずプレイしてみて動作が重くこの先もゲームを楽しみたいと思ったら最強ゲーム用PCやパーツの買い替えを検討したほうがいいかもしれません。