FF14が好きならウォーレンストーリーにハマルかも?

新生FF14、私は結局3か月位しかやってなかったと思うんだけど、今やってるウォーレンストーリーは既に3か月超えてるかな。ゲーム起動して(自動狩りで)放置してる事が殆どだからゲームしてるって言えるか分かんない状態。2時間に一度のPvPが好き。一番本腰入れてやってたオンラインゲーム。1人で作れるならいいん。バグクリエイト能力が怖くてオンラインゲームが触れない。グッズやフィギュア買うのはそこに形が残るからであってオンラインゲームは思い出しか残らないからもう使わないと心に決めたんだけど良く考えたら既にFFRKで若干溶けてた。昔と違って今のオンラインゲームはエロ盛りだくさんだな。広告で来る大半のほとんどがエロ要素あり。当時、学校の勉強に忙しくする中、努力が思うように反映されないなど、不満な日々を送っていた。不満な現実とは違い。やった分だけ報酬の返ってくるオンゲの世界は大変魅力的であったのだ。最も、その時期にドップリはまっていれば、今の私は存在しえないだろうが。

オンゲの中でもボスの順番待ちとかしてて日本人はほんとクールだ。オンゲで自分がラグるのは論外で、ラグってるやつも邪魔だから画面から消えてくれ。いろんな意味で一番熱中していたオンゲ。転機のひとつ。今よりさらに落ち着きがなかった頃なのでかなり恥ずかしい姿を晒していた。あれで出会った方とまだ親密に(?)交流をしており、その人をきっかけに新しい世界を知ってるとこがあるので、なかなか自分の中で大きい要素。オンゲはソロプレイメインにはつらかった。続報まだまだあるみたいなので楽しみ。オンゲか。昔のクソ回線の時代ならMTUとかRWINの設定値とか色々触ったんだが、もう忘れた。発売やアプデ直後の旬のオンゲならそうしなければならないけど流れに乗るだけの効率厨は閉口するのみだった 黙るのは2日3日でそれくらい経過すればすぐにMunchkinが大喜びの最適化がwikiにアップされるけども。通話しながらオンゲするのになれすぎてひとりで遊んでもなんか物足りないしさびしい。

Comments are closed.